血糖値が高くなる理由について

血糖値が高くなる理由について

糖尿病は高くなった血糖値をコントロールできないとても厄介な病気です。

 

血糖値は空腹時以外にも糖分の多いビールの飲み過ぎでも高くなります。

 

高くなった血糖値は健康な人なら血糖値を一定に保つためにインスリンが分泌され血糖値を一定に保つことが出来るのです!

 

それが糖尿病になると血糖値を下げれないため高血糖値となるのです!

 

そして血糖値の数値は高い状態を維持してしまうのです。

 

血糖値が高くなると、喉が渇いたり、トイレが近くなったりします。

 

もし食べていても体重が減少するという症状が出てくればそれは・・・こうなればもう糖尿病に掛かっているかもしれません!

 

糖尿病にはいくつか型があるのを知っていますか?

 

糖尿病には1型、2型があります。

 

1型糖尿病を発症するのは子どもや若い人に多く、のどが渇く、尿が多くなる、急激にやせるなどの症状があらわれてきます。

 

2型糖尿病は中高年に多い現象があります!

 

糖尿病は自覚症状がない場合が殆どですので、気づいた時には重度の糖尿病に掛かっていることが良くあります!

 

糖尿病は悪化してからでは治療も大変になりますし、命に関わる場合もあります。

 

定期検診などで血糖値が高い場合は早めに糖ダウンを飲む事をおすすめします!